費用について

交通事故に逢った場合には、弁護士に相談をすると良いです。弁護士によっては、事故が発生した直後から力になってくれます。ただ、その時に交通事故処理に関しての費用的な面が気になるのではないでしょうか。

相談料弁護士に対しては、相談料がまず発生します。1時間につき、5000円から10000円ほどが相場になっています。初回であれば無料という場合もありますし、相談だけならば何度しても無料というところもあります。そして、示談交渉の着手金についてです。相場は10万円から20万円と言われていますが、無料で行ってくれる弁護士もいます。無料である代わりに、成功報酬金を受け取るという形を採用している弁護士は多く、成功報酬金は相場が大体15万円から20万円に加えて、賠償額の8%から10%程度となっています

これに加えて、手数料や実費、日当、時間制報酬などがありますが、弁護士の表示する料金形態によりかかることもあればかからないこともあります。弁護士にかかる費用は、もしもこれに加えて裁判を行うとなると更に増えることになります。ただし、自動車保険の中に含まれている弁護士費用特約があると、弁護士にかかる費用はほぼ無料に抑えることが出来ます。

 

依頼するタイミングが大事

事故直後では、弁護士に対して依頼をすることにより、事故処理をお願いできます。この場合は、交通事故の案件に対して示談交渉、通院期間中、訴訟などに対してサポートしてくれるのです。この場合には、弁護士には任せっきりの状態になるため、費用が多くかかることにもなります。それでも良い人もいれば、費用を抑えたいという人もいるかと思います。そうした場合には、交通事故の被害に遭ったとき、自分に対しての損を出来るだけ減らすために、どうやって対処をしたらいいのかを知っておくことが大事です。

弁護士ちなみに、何も最初から弁護士に頼むことがお金がかかるという結論に至るのは早いです。自分で処理をするよりも、弁護士に頼んだ方が、法律的な面で圧倒的に有利になります。支払ってもらえる交通事故慰謝料が大きく跳ね上がることは決して珍しいことでもありません。こうした例もありますが、やはり弁護士の腕が良くなければ成立することはありません。

どの弁護士の腕が良いのか、法律相談所の評判はどうなのかということをしっかりとリサーチしておくことが大事となるでしょう。料金よりも慰謝料が上回るとしたら、十分に価値があると思えるはずです。状況に応じて、どのタイミングで弁護士に依頼をするのかというのをあらかじめ調べておくことはとても大事なことだと言えるわけです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故被害を弁護士に相談するポイント

交通事故日本では、現在交通事故がとても多く発生していると言います。警察庁交通局によると、平成28年度の交通事故の発生状況は約49万人であり、死傷者数は62万人を数えています。外出をしない人ならば、交通事故にあってしまう心配などはありませんが、大体の人は何かしらの理由によって外出しているはずです。これはつまり、常に危険と隣り合わせの状況に居るといっても差し支えないわけです。自分は交通事故には逢わないと思っているかもしれませんが、相手があることですから外では常に注意をしなければなりません。

実は、30歳までの若者の年齢別の死因の第一位、あるいは第二位が不慮の事故となっています。そして、この不慮の事故の大半が交通事故となっています。特に10代では、交通ルールをあまり理解してない状態なことが多いため、事故に逢ってしまうケースが多いと言われているのです。

被害者側だけではなく、加害者側が死亡するケースもあるわけですが、要するに常に危険と隣り合わせであるということはよくわかるのではないでしょうか。交通事故の被害に遭ってしまった場合、どうしたらいいか分からないという人もいると思います。かすり傷くらいであれば、特に何も問題はないかもしれませんが、事故は事故です。そこで何も言わないで終わって、その後に問題が起こったとしたら目も当てられません。交通事故の被害に遭ったときには、弁護士に相談するのが一番です。その際のポイントについての紹介をします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket